乳酸菌でインフルエンザ予防ができるの?

インフルエンザは怖い病気です。
毎年、冬になるとインフルエンザウイルスに関するニュースが大きな話題になります。
今年はインフルエンザが猛威を振るっているというニュースを聞くと嫌な気持ちがする方も多いでしょう。
インフルエンザのシーズンに入る前に念のため予防接種をしておくという方も多いと思います。

しかし、予防接種をしておくだけではまだまだ対策は不十分であると考える方がいるかもしれません。

インフルエンザはウイルスです。
ウイルスというのは非常に増殖力が高くて、遺伝子構造を変化させやすいため、たとえ新しい薬剤を作り出したとしても、すぐに薬剤耐性菌が出現することになります。
そして、また新しい薬剤を作っても、新しい薬剤耐性菌が出てくるということになるため、埒が明きません。
ずっとイタチごっこが続いている状態なのです。

よって、インフルエンザを予防するためには、予防接種だけではなくて普段からの自分の生活を見直す必要があります。
健康的な体を維持することによって、免疫力が強くなり、インフルエンザにかかりにくい体を作り出すことは可能なのです。

そして、今インフルエンザ予防に関して新しく注目を受けているのは乳酸菌です。
乳酸菌といえばヨーグルトなどにたくさん入っているので、知っている人も多いでしょう。
この乳酸菌を摂取することがインフルエンザ予防に繋がると言われているのです。

それは一体どういうことなのでしょうか。

その理由は、http://anotherme.jp/にもかいてあるように乳酸菌は人間の免疫力を強くしてくれるからです。
乳酸菌の中にはそのような働きをする菌が存在しています。
よって、乳酸菌を摂取することがインフルエンザの予防にも繋がることになるのです。
動物性と植物性の乳酸菌の違いについても参考にご覧ください。

インフルエンザなど病気の予防のために一番基本的なことは免疫力を強くしておくことなので、乳酸菌を摂取することは病気の予防にピッタリなのです。
乳酸菌を体の中に入れることによって、体内に存在する善玉菌が増えます。
それによって、免疫力を高める効果を期待することができるため、ヨーグルトなどの発酵食品を食べることは非常に良いことなのです。
乳酸菌には多くの種類があり、発酵食品によって含まれている種類が異なるのですが、
多くの乳酸菌は胃酸に弱いので腸内に届く前に死滅してしまいます。
なので比較的胃酸に強く、腸内まで届いてくれる乳酸菌を見つけましょう。
体質によって合う合わないがありますので、周りが良いといっていてもあなたに合うとは限りません。
自分でいくつか試してみて、相性の良い種類を見つけましょう。
乳酸菌サプリを選ぶときのポイントも参考に合わせてご覧ください。

Copyright (C) 健康的な生活を送るために All Rights Reserved.